支援機関の皆様へ

支援機関の皆様に向けた取り組みをご紹介します

ミニ塾

20名のコーディネーターが、それぞれの専門知見を活かし、ミニセミナーを開きます。
開催をご希望の支援機関様は随時お問い合せください。


  • 創業ミニ塾
  • 稼げる6次産業化
  • WEBを使って市場調査
  • 広報・広告宣伝のコツ
  • 事業後継者対象リーダーシップセミナー
  • ホームページによる実践広告宣伝
  • "実践IT塾~課題の解決の決め手はIT!~"
  • 小規模飲食店開業支援セミナー
  • 売上拡大の為のVMD基本講座
  • "どうする?どうなる?HACCP制度化"
  • 食品表示相談会
  • 商談スキル向上セミナー
 


エクセレントパートナー登録制度

現在までに594名の方がエクセレントパートナーとして登録し
当拠点と共に日々中小企業者支援を推進しております(H30.6.15現在)

 

エクセレントパートナー登録制度とは...

「長野県よろず支援拠点」は、経済産業省から事業委託を受け、公益財団法人長野県中小企業振興センター(長野市若里)に設置され、現在20名のコーディネーターが中心になって、商工会・商工会議所・金融機関・大学等の産業支援機関と連携し、中小企業者が抱える経営課題の相談や課題解決にあたっています。

当拠点では、連携する産業支援機関の職員の皆様を対象に、研修会を開催し、研修修了者を「エクセレントパートナー」として登録する「エクセレントパートナー登録制度」を設けております。


 
 

エクセレントパートナー登録のための研修

産業支援機関ごとに、今まで14回の研修会を実施して参りました。
研修会はおおむね下記のように行い、
研修修了者には「修了証」をお渡ししています。

①【当拠点の紹介】 ~理解してもらい連携をさらに強める~
よろず支援拠点の概要説明・コーディネーターの紹介及び活動状況・支援事例のご紹介など

②【国の施策紹介】
国の中小企業への各種支援施策を知っていただく機会として説明講演。

③【相談対応力の涵養(かんよう)】~コーディネーターと一体に~
それぞれ相談者・被相談者・アドバイザー役になりロールプレイを行います。

④【課題解決のためのグループ討議】~コーディネーターと親密に~
5~6名+COがチームになってグループワークを行います。
(各チームに与えられたテーマについて課題抽出⇒グループ討議⇒ 発表)

 

支援機関とよろず お互いのメリットで連携

支援機関のメリット

  • 複雑・多岐に亘る相談案件への対応
  • 課題解決への高度な支援力の涵養
  • 幅広い人脈構築や他支援機関との連携

よろず支援拠点のメリット

  • よろずの良き理解者であり協力者に
  • 伴走型支援のパートナー
  • 文殊の知恵だしによる課題解決の実践
 

全国ではじめての実施

各都道府県にある全国のよろず支援拠点の中で、長野県拠点が初めてこの制度に取り組みました。H28年10月から開始し、H30.6現在、登録者は600名弱となっています。今後も引き続きフォローアップ研修等も実施させていただく予定です。


ご相談のお申し込みはこちら ご相談の
お申し込みは
こちら
ページトップへ