活動実績

【支援事例】カフェの開業支援

当拠点の支援事業の中から、支援事例を紹介いたします。

 創業 

業態転換による「おにぎりカフェ」の開業

≪企業データ≫

企業名:ユウナギ

代表者:濱野 友美様

所在地:長野市吉田5-26-7

事業内容:カフェ・文房具販売

従業員数:1名

連絡先:026-243-8665

代表者の父が経営していた文房具店を引継ぎ、2代目の代表が新しく「おにぎりカフェ」としてリニューアル。原点である文房具も引き続き店内で販売している。

【企業の現状及び支援の経緯】

代表者は、20代半ばころからカフェを開きたいと考え、喫茶店やカフェで経験を重ねてきた。20代後半から子育てしながらもカフェに勤務し、子供が独り立ちしたため、念願のカフェ事業を始めることとした。

開業資金の相談を、前代表者の代から付き合いがある地域の金融機関に相談したところ、開業準備と創業計画策定が必要となり、よろず支援拠点に支援を依頼した。

課題は、開業後も安定した売上と収益を取れるような準備と創業計画を策定すること。

【実施した支援内容】

よろず支援拠点コーディネーターは、創業に向け、毎月一度の面談を重ねていくことで、事業の具体化と準備を進め、3つの支援を行った。

①事業の具体化

面談の中で、経営方針や当店の役割、ターゲットの顧客増や顧客のニーズ、店舗イメージやメニューまで、代表者に紙に書き出してもらい、具体化を進めた。

②事業計画の策定

固定費や目標利益、必要な粗利額や売上額を明確にしたうえで、それを実現させる具体的な方法を検討した。

③店舗設計や広報などの支援

店舗設計から、ホームページやGoogleの活用、SNSやチラシデザインまで、それぞれ専門分野に強いコーディネーターとともに支援した。店舗設計では、テイクアウトができるように助言した。

【支援の結果及び今後の展開等】

コロナ禍の令和2年4月にオープンし、順調に売上を伸ばしてきている。リピーターも増えつつあり、安定した売上を得られるようになった。

テイクアウト部門でも売り上げを確保できた。合わせてGoogle My Businessを活用したホームページやチラシ作成、インスタグラムなどの活用で、安定した集客につながっている。

今後は文具部門やカフェ時間帯の売上向上、料理の見栄えの向上や提供時間の速さなどに取組んでいく。

 ~~~支援をうけて~~~ 代表/濱野 友美様

開業のための知識もなく、不安を抱えながらのスタートでしたが、一緒に考え教えていただきながら準備を進められ、少しづつ不安は解消されました。話がしやすく、わからないことを聞きやすい場を作ってくださいますし、自分だけでは思いつかないようなアドバイスをいくつもいただけて、支援を受けてよかったと思います。

一覧へ
相談カレンダー 相談カレンダー
コロナウイルス支援情報 コロナウイルス
支援情報
ご相談のお申し込みはこちら ご相談の
お申し込みは
こちら
ページトップへ