活動実績

【事例】和菓子製造業者のHACCP導入支援

長野県よろず支援拠点コーディネーターの伊藤 光之です。

平成30年の食品衛生法改正に伴い、HACCP(ハサップ)導入に関するご相談も増えています。


とある和菓子製造業者さまでは...

A社では学校給食に納入しているパンに、
異物混入(髪の毛、虫、ゴミ等)などの重要危害が発生しており、
従業員のモチベーションも低下状態となっていました。

そこでピンチをチャンスに変えるべく、
積極的に“HACCP”を導入することで
全社的に危害制御活動を具体的展開することを目指し、
よろず支援拠点にご相談をお寄せ下さりました。



HACCP導入7原則に沿った
長期的計画で...

過去にも食品製造関連業者で
HACCP導入支援の指導実績があるミラサポ専門家にも支援を依頼し、
まずは当社の持つ「製造ノウハウ」について標準化作業を進めました。
ベテラン職人の固有技術を
パート女性社員でも同レベルで実行できるように
マニュアル化していきました。

そのうえでHACCP導入に際して準備すべき帳票類、ファイル管理方法等、
プロジェクトチーム作成のアドバイスを行いました。



HACCP導入支援

HACCPには導入のための「7原則」があります。

1.
HACCPプロジェクトチーム(専門チーム)の組織化
2.
原材料や製品の特性、製造・保存・調理条件を記述する
3.
食品は「いつ、だれが、どこで、どのように」食べるか記述する
4.
製造工程図、施設の配置図、標準作業書(マニュアル)を作る
5.
製造加工工程図を現場において確認する
6.
危害分析:製造工程で危害発生につながる要因を調査して制御方法を分析する
7.
各工程の危害原因物質ごとに重点管理すべき工程を定める


この方向性で6か月実務作業を積み重ね、 年度末に効果の確認を図る予定です。


支援:伊藤 光之コーディネーター
 
伊藤光之コーディネーター

中小企業診断士。営業マンとしての20年にわたるサラリーマン生活をベースに、診断士としての分析力、1級販売士としての現場行動力で、相談者目線の課題解決を目指しています。詳しくはこちら

よろず支援拠点へのご相談申し込みは
お電話、またはメールフォームから。

お気軽にお寄せ下さい。

【お問合せ】
026-227-5875
メールフォーム
https://www.yorozu-nagano.jp/contact.html

▼23名のコーディネーター専門分野一覧はコチラから
https://www.yorozu-nagano.jp/coordinator/


一覧へ
ご相談のお申し込みはこちら ご相談の
お申し込みは
こちら
ページトップへ